難病のための仁術

保険は利かないけど、仁術は効くんです。

> 概要

「どうせこういうやつでしょ」と決めつける癖はついていませんか? あなたの症状は、あなたの「仁」の表出の一つ。医学では見えない原因があるのです。

「仁」と「仁術」

梅干しの種を割ると出てくる「天神様」。ああいう胚・胚乳のことを「仁」と呼ぶそうです。

人の心は種のようなもので、心の奥、もう一つ深いところに何かがあります。

僕はそれを「仁」と呼び、そこを扱うこと全般を「仁術」と呼んでいます。

一般的な仁や仁術と区別するために「篠田流仁術」という言葉も用意はしてるんですが、いちいち付けてるとちょっとね、宗教っぽいというか、変な感じになっちゃうなあと。

自分のサイト内ではなるべくシンプルに、仁術としています。

症状の根っこは仁にある

治らない、治りきらない、再発を繰り返す。

それは、根っこが仁に残っているからです。

大事なのは、「根っこが何かを見つけること」と、「根っこを無力化する方法を見つけること」。

仁術はクリーンかつプレーンな手法なので、今取り組んでいる治療法などの併用も問題ありません。

原因は割とすぐ見つかります

まず初回。会って話すだけで、原因は分かります。これで半分。

残りの半分は「で、どう改善していくか」ですが、これはもう、その人によります。

同じ症状だったとしても、同じやり方で治るわけじゃない。だからこそ、本人は悩んでいるわけです。

分類としては同じヒトで、同じ言葉を喋っていても、声が違う、表情が違う、ファッションが違う。対症療法(だけ)では解決しません。

原因が分かって「えーっ、そんなこと?」なんてこともしょっちゅうですが、そのズレに気づけるだけでも凄い進歩なんです。視界が変わります。

そうなると対処法を見つけるのも楽しくなるから、前向きに続けられますよ。

治療とかリハビリとかね、苦しそうにしてればいいみたいなのあるでしょ。あれがね、好きじゃないんですよね。