難病のための仁術

保険は利かないけど、仁術は効くんです。

> 対象

その痛み・その病気・その症状は、あなたの個性でも、肩書きでもない。「お医者さんに治してほしい」ではなく、「治りたい」、「治したい」と思っているのなら。

治したい、治りたいならどなたでも

「職業病」や「慢性」、「年齢」という言葉をいつもどこかで意識している。

「受け入れて前に進むしかない」と考えている。

真面目な性格だからこそ、真剣に受け止めようと努力することがあります。

だけどあなたは、もっと自分の健康を、健康な自分の実現を信じていい。

あなたの仁はあなたのもの。溢れる情報の中に、自分を当てはめる努力なんてしなくていいんです。

医学が治しきれないのなら、他を試してみたって罰は当たりませんよ。

こういうやつじゃありません

「仁術とはこういうものです」を文章で説明するのは難しいので、「こういうものではありません」を挙げてみます。