篠田流仁術

心を割ると、仁はある。篠田 ( せい ) の「医じゃない仁術」。

> 対象

「やらされている」感に囲まれて、心も体もうまく動かず、人も動いてくれない。個人も組織も、正しい熱が必要です。種火を起こすところから、しっかりサポート。

「医」じゃない仁術

「仁術」は医学や医療のための言葉でもなければ、否定するための言葉でもありません。篠田流の仁術は、仁を扱う独自の技術。

結果の出ないリハビリやトレーニング、進まない会議やプロジェクト、機能していない組織の改革まで、人がかかわること全般に威力を発揮します。

人が何かを始める限り、「心が動く」ことが必須です。人員の再配置やストーリーの書き直しなど、やり方はそれこそ案件次第ですが、共通するのは「空気を一変させる」ということ。

うまくいかないときには、思い込みが邪魔をしていることもあります。息抜きのつもりで仁術を検討するだけでも、いい案が浮かぶかもしれません。

「難病のための仁術」

セカンドオピニオン、サードオピニオンと言いながら、気がつけば医学の中だけでぐるぐる回っている。ふっと外に目を向けてみるのもいいかもしれません。医学的には難病でも、世界が違えば「よくあること」だったりします。

専用サイト『難病のための仁術』をご覧ください。「こんな感じなんですけど該当しますかね」みたいな問い合わせだけでもどうぞ。

「メンタルのための仁術」

仁術は、アスリートやタレントなど、人前でのパフォーマンスを生業としている方たちのメンタルトレーニングやコンディショニングにもぴったりです。

積み重ねてきた自信や経験、「こうでなければならない」という信念、大事にしてきた人間関係からの脱出が必要なときがあります。

「原点回帰」や「もう一度基礎から鍛え直す」、「引退か続行か」が頭に浮かんでいるとき。「もはや何で悩んでいるのか、どう悩めばいいのかすら分からなくなっている」なんてとき、特に効果を発揮します。

専用サイト『メンタルのための仁術』へどうぞ。

組織に「人事のための仁術」

人の長所を正しく活かす仁術は、組織を劇的に変化させることができます。

会議やプロジェクトなど、組織のことなら専用サイト『人事のための仁術』も併せてご覧ください。

適合事案、ほんの一例